にきび跡はレーザー治療で改善|ツルスベで爽やかな気分な素肌

レディー

きれいな素肌になろう

スキンケア

肌のトラブルとは

ニキビ跡は、赤みを帯びて残ったりデコボコのクレーター状になってしまいます。化粧のノリも悪くなり人に与える顔の印象もよくありません。これをホームケアで治そうとしてもなかなかうまくいきません。早く治療したいのなら、美容整形クリニックに相談するのが一番です。ニキビ跡は、それぞれの状態に応じて治療方法も違ってきます。赤くなったり色素沈着した跡は、ピーリングという方法で、薬液を皮膚に塗布して軽いやけどを起こさせる治療を行います。そのやけどで肌の新陳代謝を活性化させ新しい皮膚をつくるのです。また、レーザー照射をすることで肌に残った跡を消す方法もあります。これは、皮膚の真皮層に強制的にコラーゲンも合成させるのでみずみずしい素肌が取り戻せます。

レーザー照射とは

クレーター状になって残ったニキビ跡は、ヒアルロン酸やコラーゲン注入で肌のデコボコを改善します。保湿力の高い成分を使うことで皮膚に潤いと弾力を取り戻しハリのある肌になります。レーザー照射も行われる場合がありますが、クレーター状のニキビ跡には刺激が強過ぎる場合があります。それで、色素沈着などのニキビ跡の治療に使用されるものより軽めの刺激で済むレーザー照射が行われます。レーザー照射は、使われる機器も種類があり、ニキビ跡の状態によって使い分けられます。これは、医師とのカウンセリングで決められますが機器によっては高度な技術が必要になるものもあります。また治療も、状態によっては何回かに分けて行う場合もあるので、通うのに便利な場所を選んだほうがいいでしょう。